本文へスキップ

検査入院の流れ

検査入院の流れ



検査入院の流れについて

受 付 受付段階で検査料18000円を払います。
 生命保険の診断書代などもこの時点で済ませます。

        

問診 下記の表のように生活の中の状況で、眠くてうとうとしたり、
 眠ってしまう事があるかどうかを記入します。

        

診 察 問診票を元に昼間の眠気、朝起きた時の気分の状況、
 夜間のトイレの回数、既往歴、生活習慣病の習慣病、
 など様々な事を聞かれます。

       

機器説明 別室にて体温と血圧を測り、現状の体調を記録し
 使用する機器の説明を受けます。

       

電極装置 私の場合は19時に電極の装着をしました。
 睡眠段階・脳波・眼球運動・頤筋筋電図・心電図・
 動脈血酸素飽和度・エアフロー・胸部の動き・腹部の動き・
                    いびき音・体位・下肢筋電図の電極を付けました。

        

検査開始 19時の電極装着後、消灯の23時までの間に自由に
 テレビなどを見て過ごせます。眠りに入った時点で記録が
 開始されます。

         

検査終了 翌日6時までデーターを取られ検査終了です。
 検査終了後、順番にシャワーを浴びて退院です。


 状況 点数 
1、座って読書中

2、テレビを見ている時

3、人の大勢いる場所で座っている時

4、人の運転する車に休憩なしで1時間以上乗ってる時

5、午後に横になって休憩をとっている時

6、飲酒せずに昼食後、静かに座っている時

7、車を運転中に渋滞や信号待ちで数分間止まっている時
 0 1 2 3

 0 1 2 3

 0 1 2 3

 0 1 2 3

 0 1 2 3

 0 1 2 3

 0 1 2 3
 0=眠ってしまう事はない
 1=時に眠ってしまう
 2=しばし眠ってしまう
 3=だいたいいつも眠ってしまう

上記の判定スコアの点数でSASの存在を疑いを調べます。